厳しい規制が定められているROHS10物質を理解!

Menu

女性

工業会を利用するメリット

ROHS10物質の分析や代替物質のことで困ったら、地元工業会に相談するのがお勧めです。現在、工業界では、ROHS指令に特化した会員を募集しており、その会費を基に、中小零細企業への支援も始めています。事業者同士が、工業会で情報共有する仕組みは、企業の生き残りへ通じています。

試験管

環境や人体に悪影響

ROHS10物質とはROHS指令で規制されている10の化学物質のことをさします。EUから出されている指令ですが世界的なスタンダードとなっています。上限量が決められておりそれを超えたものはEUに輸出できません。

顕微鏡

簡単に分析できる

ROHS10物質をきちんと分析する事はとても大切です。そんなROHS10物質ですが、業者が詳細に分析を行います。方法はとても簡単で、業者に連絡をした後分析したいものを郵送するだけです。簡単に分析できるので、多くの企業が利用しています。

男性

ROHS指令改正への対応

欧州向けに出荷する電子機器や家電製品で避けて通れないのが、材料中に含まれるROSH指令の規制物質です。フタル酸エステル4種類を加えて10種類となったROHS10物質の有無を調べるには、分析機関の情報収集が欠かせません。注文書や見積書をダウンロードできる分析機関は、インターネットを通じて申し込めます。

科学

サプライヤーの動き

EUのROHS指令が改正されて、日本の製造メーカーは打撃を受けています。これまでのROHS6物質がROHS10物質へ増えたからです。その新たに加えられたフタル酸エステルについては、国内での規制が限定的なのです。そこで、多くの部材メーカーが連携して、安心、安全な部材供給ができる仕組作りをしています。

輸出規制に抵触する物質

科学

欧州への輸出時の必須知識

ヨーロッパを相手にビジネスを行っている企業にとって、ROHS10物質の存在は必ず知っておくべき重要な事項です。ROHS10物質とは、EUのROHS指令によって厳しい規制がかけられている物質です。ROHS指令は最初に施行されたものと、後から追加されたROHS2.0指令からなり、それぞれ6物質と4物質のあわせて10の物質を規制対象としています。また、これらの物質が使用されている機器等は原則として欧州への輸入を行うことができないため、自社が取り扱う商品にROHS10物質が含まれていないことを企業は必ずチェックしたうえでヨーロッパとのビジネスに臨む必要があります。このROHS10物質というのは、具体的には鉛や水銀、カドミウムや六価クロム。また、ポリ臭化ビフェニルとポリ臭化ジフェニルエーテル。そして、フタル酸ジニエチルヘキシルやフタル酸ジブチル、フタル酸ブチルベンジル、フタル酸ジイソブチルの以上10つのことを指しており、それらの含有テストを行う専門の検査機関が存在しています。その機関で行われる検査方法には、商品の製造過程ごとに行うものと、完成版の商品を対象に行うものがあります。しかし、いずれの場合にもすべての物質の含有検査を行うか、10物質のうち一部だけを検査するかといったオプションを用意している機関が多いようです。そのため、確実に含まれていないと確信できる物質については検査対象から除外し、懸念がある物質のみをチェックすることでコストを抑制して検査を行うことが可能となります。

Copyright© 2018 厳しい規制が定められているROHS10物質を理解! All Rights Reserved.